わがはいはnonojirou ・・・ それから

けっこう毛だらけな・・・ ☆ 湯村温泉の琥珀くん ☆ 温泉津温泉のにゃんこ ☆ 野良のマキノさん ☆ 迷い猫のれん ☆ ちっちゃい頃ののの

2014年01月

うみ(湖)を見に行こう

各地の大雪
お見舞い申し上げます
山陰でも昨夜から 少しずつ積もりだしていますが
もうしばらく こないだの晴天に おつき合いください



DSC00454-crop




DSC00457-crop



DSC00455



DSC00458


吉田拓郎や井上陽水と おんなじ世代でしょうか
遠藤賢司という フォーク歌手がいました

「 寝図美よこれが太平洋だ」という曲があり 以下がその詞です

寄せては返す白い波
寝図美は吃驚後ずさり
寝図美よ
これがあの有名な太平洋だよ
いつかこんな海が見える
丘の上に家を建て
楽しく暮らしたいもんだね
夢かな
・・・


 寝図美というのは 彼が飼っていた猫の名前だそうです
 
わたしも「のの」の名前をつけるとき スペインのサッカー選手「シャビ」か それとも「ねずみ」にしようと言ったら
家族が猛反対しました よッ
 

松江しんじ湖嫁ヶ島

無題



DSC00496



DSC00509



DSC00495



DSC00484



7日 昼前になって 向かったのは松江方面でした

宍道湖にたった一つだけ
湖岸から200mのところに ぽっかり浮かぶ 長さ150m、幅27mの嫁ヶ島(注・浮島ではありません)
大橋川が東西に流れ 南北に分かれる 水の都・松江
この島が松江の西の入り口にあるため 観光的に ずいぶん得してるんじゃないでしょうか

美しい夕日が沈む ロマンチックこの上ないスポットですが
なかなかそんな時間に行くことができなくて・・・

さて この後 どこへ行こうか
・・・続く・・・
 

うみ(湖)へご出勤

DSC00420



DSC00384



DSC00396



DSC00400



DSC00405



DSC00394



夜明けを待って
蜆獲りのおじさんたちの 通勤ラッシュとなります

「ちぃかごろは 蜆も 白魚も あんまし獲れんやになった がーーーっ」と
知り合いの漁師さん



DSC00403

夜明け

1月6日と7日
やっと 正月休み
朝7時前
斐伊川の河口
宍道湖へ

急げ 急げ
もう 夜が明ける!!!



DSC00271



DSC00283



DSC00290



 DSC00293



DSC00298



DSC00315



DSC00319



DSC00329



DSC00335



DSC00341



DSC00343



DSC00352



DSC00356



DSC00363



DSC00365



DSC00367



DSC00370



たくさん写真を撮りました
どれがいいのか さっぱりわからない
下は ふり返って見たところ
水門と 右に湖遊館(スケート場)

写真をクリックすると 拡大してご覧いただけます よッ



DSC00371

朝の小舟

船 1



無題 2



船 3



またまた 晴れてくれました
夜明けの宍道湖へ 走って行きました
車が


私を運んで あなたの胸に
飛び込みたい 輝きたい
流れつきたい
小舟のように Loving you
小舟のように Loving you 
 (尾崎亜美さん です)

あなたが私をきらいになったら
静かに静かにいなくなってほしい
ああ湖に小舟がただひとつ
別れを思うと涙があふれる
くり返すくり返す さざ波のように
(島倉千代子さん です)

 
 

木綿街道

DSC00211bbbbb

近所の
舟川の向こうの通りは
木綿街道(←詳しくはクリック)と 名付けられています



DSC00187



DSC00200



DSC00210



DSC00196



DSC00186



DSC00197



DSC00203



DSC00216



町内でいえば わたしの住むところから 3つほど先です

ずっと昔 江戸時代か それとも明治時代か
この辺りでは 木綿を生産していて 舟川を船で 松江まで運んだ
と 小学校時代に勉強させられた記憶があります

また 広い田んぼを持った大地主がいて 鉄道が敷設された時代
田を潰されないがために 鉄道が通るのに大反対したために
鉄道は 宍道湖の南を通り 宍道湖の北にあるこの町は
時代からとり残されてしまった らしいんです
そういう訳で しょうがないからずっと遅れて 「一畑電鉄」の私鉄を通したんでしょうね

けれど 時代は下って
山陰の大動脈の国道9号線も 国鉄もないけれど
一畑電車がのんびりと走る出雲のはずれのこの町は 斐伊川が流れ 海は近いし 宍道湖もあるしで
いい味だしてるんです よッ

それから 醤油や酒を造るのも盛んで
多くが廃業した中で 今でもこの地区に2、3の醸造元が 生き残っています



DSC00225



DSC00220-crop-horz



山陰の冬は ほとんど曇り空で 青空なんてめったにありません
冬は寒く 夏はむしむし暑いんです
まるでわたしの性格のようです
やんなっちゃいます
 

春よ来い♪ 2

DSC00212-crop



DSC00244



DSC00180



近所です
「舟川」が流れている 古い町並みのあたりを歩いてみました
久しぶりに青空が見れましたので

醤油屋さんや 酒屋さんがあります



DSC00245



DSC00178



DSC00248



DSC00254



DSC00238



DSC00176



お天気はなかなか続かなくて 午後から雨になりました
 

愛宕山公園の猫たち

DSC00130



DSC00124



野外に暮らす猫たち
なんて力強く 美しいんでしょう



DSC00129



DSC00128

春よ来い♪

9abd0fd1-s



キホン的にわが家では この正月は喪中ですが・・・



DSC00101



DSC00109



大晦日は 夜9時に寝ました
朝4時に 目が覚めました

明けましておめでとうございます



DSC00108-crop

<<HOME<<



ののじろうのもう一つのブログ
今日のお天気
押してくれない方いがいはみんな押してくれています ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

自己紹介と「おさらい」
smallnono 黒

本名 : のの
ニックネーム : nonojirou

島根県出雲市に住んでます

猫と飼い主のつぶやきが
交錯する日記です


 いままでの 「おさらい」
↑ ↑ ↑
クリック!
 

UP ↑