わがはいはnonojirou ・・・ それから

けっこう毛だらけな・・・ ☆ 湯村温泉の琥珀くん ☆ 温泉津温泉のにゃんこ ☆ 野良のマキノさん ☆ 迷い猫のれん ☆ ちっちゃい頃ののの

2014年09月

「人間が人間であるかぎり 忘れてはいけない町」

DSC01581

昨日 娘の買い物につきあわされて
広島に いってきました

DSC01679

暮らしている町に 5階建てのビルが1個の 田舎者にとっては
大都会です

人の多さと 車の多さに 酔うようでしたよ

DSC01562


DSC01682


DSC01685


DSC01663


DSC01631


「人間が人間であるかぎり 忘れてはいけない町」


DSC01660 (1)

どんな偶然でしょうか
奇跡でしょうか

あなたも わたしも
この美しい地球という星に 生まれました

DSC01665


DSC01674


DSC01668


DSC01687

あなたの生まれ故郷は どこですか?
家族を 愛していますか?
故郷が スキですか?

今のヒロシマは みなが憩える ステキな
光や
風や
音楽で
あふれています


 
DSC01695 (1)


DSC01694


DSC01711


DSC01715


DSC01716



あなたもわたしも 人間としてこの地球に生きていくかぎり
ぜったいに
忘れてはいけない町

ヒロシマ
そして ナガサキ


ののじろう第一詩集「はじらいのうた」より 

DSC01656


DSC01616 (1)

平和記念資料館の 拝観料は 大人50円でした
これにも感心し 感動しました

DSC01728

島根から 一歩も出たくない と言ってたのにね

DSC01697 (1)

もう一つの「黄泉の国」への入り口

y1DSC01439

先日 黄泉比良坂にいきましたが・・・

実は 今まで
語らずに いたのですが・・・

2DSC01443

私の住む町の
車で30分位のところにも・・・ ある! のです

3DSC01441

こんな入江になった きれいな海辺の
「猪目(いのめ)」というところに

4DSC01447

この道をトンネルを抜けて さらにいくと あの鵜峠や鵜鷺に 通じるのですが

5DSC01458

左手に降りていくと

7DSC01449

手前の案内板には・・・

8DSC01456

ちょっと とっ散らかしてありますが

9DSC01462

その下に もう一つの案内板があり

9DSC01487

文字が薄れかけていますが 読んでみると

10DSC01465


『 国の史跡 猪目洞窟案内
 

この大洞窟は 猪目湾の西端に位置して
凝灰岩の海食により出来たもので 東方に開口している

古く出雲風土記の「黄泉の穴」に当たると推定され 数々の怪談が伝えられていた


去る昭和二十三年に船揚げの場の拡張工事をしていた際

凝灰岩微砂、石片、石塊などの推積層から 多数の人骨や遺物が出土した


出土品は弥生時代から古墳時代にかけてのもので
人骨は十数体あり 屈葬と伸展葬の両式がみられ

腕にはめた貝輪やたかつき大小のつぼ等の副葬品が多数あった


又 多くの木器、貝類、鳥獣、魚骨其の他、稲もみ、木の実、海藻類
更に炉の跡、木灰、木炭等 往時の生活を物語る貴重な遺物が発見された


昭和三十二年 国の史跡に指定されている 』



11DSC01470

小さな 祠もあります

DSC01484

猪目洞窟

12

奥行きは 30m あるそうです

13DSC01476

天井が低くなり
懐中電灯を持ってなかったので その先にいくのは 断念しました

14DSC01479

雑然と 漁船がつながれています

15DSC01467

今夜 あなたは・・・

16DSC01497

どんな夢 見ますか?

rDSC01529

お彼岸の朝5時58分

DSC01240

 右手のとんがった山は 鳥取県の大山です

DSC01273

秋分の日(秋のお彼岸)

祝日に仕事が休みなのは めずらしく
わくわくして 5時に目がさめてしまいました

DSC01263

斐伊川までとりあえず 走りました
車で

DSC01269

ののじろうが住んでいるのは
出雲市平田町です

DSC01277

斐伊川が流れ 宍道湖があり
海も近いし
山もあります

2DSC01302

よく考えてみれば 景色の いいところに住んでるんですね

4DSC01306

でも
ただの田舎だ! って意見も ありますけど

5DSC01314

これでも 昔
都会に住んでたことも あったんですよ
もう 二十年以上も前ですけど

7DSC01328

もう この島根から 一歩も出たくない
と 思っています

8DSC01340

夜になると 都会では灯りがいっぱいですが
暗闇に ポツンポツンとつく灯りが
温かそうで スキなんです

11DSC01374

本日の日の出時刻は 5時58分でした

12DSC01380

寒かったです
ジャージの上にジャケットを着てました

DSC01398

家に帰って 一日中
脚立に乗っかって 庭の松の 剪定をしたので
足腰が フラフラになりました

DSC01405

汗だくに なりました。

DSC01423

千本の手を持つ野の仏

aaDSC01086

斐川町の図書館にいったら
そのとなりは 斐川西中学校なんだけど
その前の畦に 白いこの花が咲いていました

aaDSC01102

毎年この花を見るたびに
神様の芸術的センスに 感心してしまうんだよねぇ

あの千手観音像のように 空にむかって手をひろげているようですよね
まるで お祈りしてるように

aaDSC01108

上からだと 花火みたい

14日の夜 NHKで「臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるの」
って番組やりました
人の心、魂、意識は 人のどこにあって
死んでしまったら それはどうなるのか って

aaDSC01121 (1)

見のがしたかたは こちらクリック)のサイトで 消されていなければ見れます

去年 母が死んだこともあり 二ヶ月前に1周忌の法事をすませたこともあり
黄泉比良坂を歩いたときは
マジで 母の霊に出逢えるんじゃないか なんて考えましたよ

霊に出逢えなくても
なにか そう それがうかがえる ちょっとした不思議な体験を するんじゃないか と

aaDSC01133

でも まったく ありませんでした
私が鈍感だからなのでしょうか なにも感じませんでしたよ

母が死ぬ前までは 死後の世界で人の魂は生き続けると ロマンチックに信じていましたが
今は 人が死んだら すべてが消滅してしまうのだと思っています

aaDSC01138

ただ 母の記憶は 母に対する想いだけは じっさいに 今でも私の心のなかでは生き続けていますから
すべてが 私の心の中だけにすべてあるのだ と思ってるんですよ

母は私に手をにぎられて 呼吸を止めました
あゝ 私もいつかこうなるのだな
と 強く強く 感じました

aaDSC01140

ののオヤジは 大人げない男ですから
法事のときに お坊さんに 死後の世界ってほんとにあるんですか って率直に質問しました
ある! とおっしゃいました

もっと仏壇やお墓を拝みなさい と叱られました

aaDSC01147

黄泉比良坂(よもつひらさか)を歩く

yomotuhirasaka

あの世( 死後の世界=黄泉の国=根の国 )への入り口
松江市東出雲町揖屋<いや>にあります

黄泉比良坂(よもつひらさか)

出雲方面からは 国道9号線を 松江を過ぎて 東出雲町揖屋の交差点を左折
揖屋の旧街道に入り 東進
右手に揖夜神社がありますが それを見過ごしてさらに東進
9号線の高架を潜ると 右手にJR山陰線が走ってますが
すぐの踏切を右折
画像がちっちゃくて見えにくいでしょうが 建物の壁に「黄泉の国への入り口」と 看板があり

DSC00996んん

ここから100メートルくらい進むと つきあたりです
広場になっていて 4,5台の車がじゅうぶんに停められます

DSC00988

説明の看板には 以下のように書かれています 
DSC00957-crop
出雲では「伊賦夜坂」と呼ばれているこの坂こそが 古事記に記載されている黄泉比良坂である と


黄泉比良坂の神話で最も有名なのは イザナギとイザナミのエピソードです

 日本国をつくられた イザナギ(男神)とイザナミ(女神)は とても仲が良く 八百万の神を誕生させられたのですが
火の神を産んだときに イザナミは 陰部を焼いてしまい
それがもとで亡くなり 黄泉の国に旅立ってしまいます

妻を忘れられないイザナギは 黄泉の国へ 妻に逢いにいくのですが
妻は 恐ろしく醜い姿に変わり果ててしまっていました
おどろいたイザナギは 逃げだします

逃げるイザナギをイザナミは 悪鬼のごとくに追いかけます
イザナギは この世とあの世の境を大きな石で塞ぎ すんでのところで逃れます 


それが この石  その地が ここ伊賦夜坂だそうです
DSC00962

二本の石柱が立っていて しめ縄が(聖なる領域との結界を示すものでしょうか)はられています 
位置的には 石の右方向にあります
DSC00987

そのまた右手には 妖気ただよう 池があります 
ここは有名な心霊スポット
なにが写り込むかわからない といわれてるんだそうですが
オヤジは バチバチ 写真撮りました
DSC00984

もう一つの案内板には  北川景子さん主演の映画「瞬」のラストシーンが ここ伊賦夜坂で撮られたと説明があります
DSC00992

二人の乗ったバイクは事故を起こし 恋人は死に 女性は生き残ります
もう一度逢いたいと 恋人の実家のある出雲の地をめぐり
ラストに  北川景子さんはこの伊賦夜坂で 恋人と逢えるのでしょうか?
page


さてこれから 良く晴れた秋の日に
ののオヤジも神秘的なこの坂を 黄泉の国へむかって
歩いてみることといたしましょう

手足といわず顔も 藪蚊に喰われながら


DSC00969

なだらかな坂道は 山の中へ
DSC00970

枯れ葉だけがかさこそと息を潜めるよな道は わずかに細くなって
DSC00971

木もれ陽が 異なる世界へと誘ってくれるかのようです
DSC00972

歩くこと4,5分
どうやら 頂上に達したようです
DSC00973

はじめの看板にあった「塞の神(さえのかみ)」です
オヤジもここに 小石を一つ積んで通ることにしました
DSC00979

おおッ 妖しげな影! おっと これは自分のシルエットでした!
DSC00980

ここから道は 下ります
地の底へ この世の果てへ
はたまた 地獄へと 落ちていくのでしょうか 
DSC00974

まばゆい光が!!!
DSC00975

えッ! 民家が見えました
もうここで 終わり なんですねぇ~~~~~!!!
DSC00976



島根の「根」は 「根の国=黄泉の国」に由来する という一説もあります

そういえば 出雲の国を大和政権に譲った(ほんとうは血みどろの戦いに敗れた?)出雲の王・大国主命は
根の国 に封じこまれてしまう
つまり 現世の日本国は大和が支配し 大国主命は根の国を支配する という たてまえができあがったらしいのです


 
DSC00998

物好きなオヤジは 「揖夜神社」にもお参りしました

DSC01060

夕暮れ時で 社内には オヤジ一人でした
近くの小学校から帰る子どもたちの声だけが きこえました

DSC01010

鏡があります
真正面からアップで撮ると 自分の顔が写るので キモチ悪いので注意!

DSC01012

ここにも しめ縄のはられた巨木や 祠がいくつかありました

DSC01014

神社の由来などは それ専門のサイトにまかせればいいのです

DSC01016

静けさが ありがたいですね

DSC01019

暑くもなく 寒くもないこの季節
こういう場所で ゆっくりとすごすのも いいもんです

DSC01025

出雲大社は ガチャガチャと観光客が多いので うんざりです

DSC01059

稲荷社もありました

DSC01031

お稲荷さんっていうのは いつでも なんだか気味悪い

DSC01035

でも その感じが たまらない!

DSC01039

さて そろそろ 現世へかえりましょ~~~

DSC01040

秋桜も 咲いてました

DSC01054
 
おッしまい。
 

曼珠紗華

DSC00880k100

今年も庭の片すみに 真っ赤な花が 咲きだしました

彼岸花というより 「曼珠紗華(マンジュシャゲ)」
こう呼ぶほうが なんとなく妖しげで スキです

DSC01177

マンジュシャゲは サンスクリット語で天界に咲く花という意味
「おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる」
という仏教の経典から来ているそうです

catsmomoe

百恵さんは 「マンジュ~シャカ」と 歌ってました
古いね!!!

DSC00883k

夕陽

DSC00702

お好み焼きを食べてから

こんなにいいお天気なんだから きっとキレイな夕陽が撮れるんじゃないか
と 近くの海にいきました が・・・

DSC00717

水平線の上には 雲が・・・

DSC00722

太陽さんがかくれて しまっちゃいました!

DSC00730

まん丸な夕陽が沈んでいくのを イメージしてましたが・・・

DSC00756

雲の下から ふたたびすがたをあらわして・・・

DSC00757

それから あっといまに しずかな薄暗闇が やってきました

DSC00786

小鳥もだまって それを見てました。

DSC00789

広島風お好み焼き・・・ののじろうのおいしいブログ

DSC00700
 「カチャカチャDo 平田店」

魚瀬から迷子にならず帰ってから
娘をさそって お好み焼きを食べに・・・

DSC00675

店員さんが焼いて 各テーブルにも鉄板がついてるので 運んでくれます

DSC00681

オヤジの注文品 
nDSC00683

娘のは 
nDSC00685

広島風ですから 麺入りです
けっこうボリュームがあって お腹いっぱいになりました

DSC00687

 鰹節が 踊ってる! 画像では そうは見えないのが残念
DSC00693

お店の前に 大きな栗の木がありました

DSC00694

近くには イチジクの木も

DSC00621

魚瀬

DSC00638

今年の夏は 雨の日が多く 夏がなかったですね
良く晴れた昨日 ど~しても 青い海が見たくなり
魚瀬浦へ いってきました

DSC00641

魚瀬(これで 「おのぜ」 と読みます)

無題

秋鹿町から山を越えていきます

出雲平野・宍道湖・中海の北は とても急峻な山々
そのさきの日本海をのぞみ いくつかの浦があります
「島根半島四十二浦巡り」←クリック参照)

DSC00645

地名だけは知っていましたが おとずれるのは初めて
車一台がやっと通れるような崖道を延々と・・・ ホントにこの先にその地があるんだろうか と訝りながらいきました

DSC00648

峠までたどり着くとホッとしましたが それから道は いっきに落ちるように海へ

DSC00651

ハッとするほど青い海が とつぜん現れ

肩をよせあうように家々が在り
その間の道は くねくねと迷路みたいで

DSC00652

きたのはいいけど 帰れるかなぁ~ と心配しました

けっきょく 港までいくことはできませんでした

DSC00654

港は下に見えているのですが どの道をすすんでいいのか分からなくて

DSC00657

もぅ い~よッ 早く帰りたい! と思いながらも 神社にだけはお参りしました

DSC00659

お年寄り2,3人に出会いましたが 眉間にシワ・・・なんてお方はいらっしゃらなくて
おどろくほどみなさん おだやかなお顔をしていらっしゃいました

DSC00663

高の宮駅と秋桜

DSC00569

「高の宮駅」

DSC00581

お昼ごろ あいにくと 電車を待ってる人は 一人もいませんでした

DSC00603

かたわらの田んぼに 秋桜が咲いていましたが

DSC00585

秋桜と電車を いっしょに撮ることはできませんでした

nnDSC00623

秋鹿町に住む 叔母の家のすぐ近くです

DSC00604

駅の向こうは 国道431号線(通称:湖北線)です

DSC00571

その向こうは 宍道湖です

DSC00615

ちいさな ちいさな

nnDSC00566

一畑電鉄の無人駅です

DSC00573

<<HOME<<



ののじろうのもう一つのブログ
今日のお天気
押してくれない方いがいはみんな押してくれています ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

自己紹介と「おさらい」
smallnono 黒

本名 : のの
ニックネーム : nonojirou

島根県出雲市に住んでます

猫と飼い主のつぶやきが
交錯する日記です


 いままでの 「おさらい」
↑ ↑ ↑
クリック!
 

UP ↑