わがはいはnonojirou ・・・ それから

けっこう毛だらけな・・・ ☆ 湯村温泉の琥珀くん ☆ 温泉津温泉のにゃんこ ☆ 野良のマキノさん ☆ 迷い猫のれん ☆ ちっちゃい頃ののの

2014年10月

夜通し神楽~江津 夜須神社 3

DSC02595n


草木も眠る丑三つ刻 山陰石見の山の奥

はるかはるか昔から 大和の国にあらわれて 人をパニックにおとしいれ

災いもたらす鬼たちを 正しい神々がこらしめて 鎮めてきた物語

かぎりない闘いの再現を 私はながめていたのでした


 DSC02598n


コーフンとキンチョーの連続の中 ユーモラスな恵比寿さん

釣り竿さげて鯛を釣り お客に飴を投げました

女や子どもはよろこんで こっちこっちと拍手喝采


DSC02614n

黒塚は 行者(山伏)とその弟子が 狐のオバケを退治するお話しですが

行者と弟子は 漫才さながらのかけ合いをするんです

写真の左が行者でツッコミ 右が弟子でボケ役です

この演目が始まったのは 午前3時でした 


DSC02603

イキの合ったゼツミョウの会話に お客は大笑い

客席から缶ビールのさし入れがあって 弟子はそのあと 狐のオバケとの立ち回りで

なんどもでんぐり返しをするんです


DSC02607

ほとんど休憩なしで ひっきりなしに神楽は舞われます

天神が始まったのは 午前4時5分


DSC02628n

暗がりからは タヌキやキツネや野ウサギたちも この夜だけは

家族総出で 目をこらしてこの神楽を 観ていたのでしょうか


DSC02623


あと残された演目は2つ 「鍾馗」と「大蛇」

クライマックスへ 突入します


DSC02634n

「鍾馗」は 「塵輪」や「恵比寿」などとならんで 石見神楽では 欠かすことのできない

人気の出し物だとおもわれます

鬼の身につけている衣装は 豪華絢爛で ン百万だとききました


DSC02639

私も2晩 ほとんど寝てませんので ずっと朦朧としっぱなしでしたが このころになると

目はランランとして かえって覚醒し

子鬼のような顔をしていたのかもしれません


DSC02643

いよいよラストは ヤマタノオロチ です


DSC02647n

宮のお座敷で ぐでんぐでんに酔っぱらて ながくなってた氏子さんたちも

ふらふら起あがるころです


DSC02651

若いころ どっかのディスコで(超・死語!)夜明かししたのも 楽しかったけど

この歳になって 家族をほっぱらかして 良き夜明かしを いたしました


DSC02662


DSC02663


DSC02666

長い秋の夜が だんだんと薄まってきました


DSC02668


DSC02673


DSC02677


DSC02679


DSC02681


DSC02688


DSC02689


終わったのは 6時きっかりでした

細谷社中のみなさん ありがとうございました

夜須神社の氏子のみなさん お世話になりました


DSC02690

昨日の八川小学校と金言寺

DSC02750n

今年も 奥出雲雲南市の 八川小学校と金言寺の昨日のけしきです


DSC02740n

ふるさとの空は かぎりなく澄んで・・・


DSC02742n


DSC02762n


DSC02766

うさぎおひし かのやま

こぶなつりし かのかわ

ゆめはいまも めぐりて

わすれがたき ふるさと


DSC02774n


DSC02782n


DSC02783n


DSC02785n

いかにいます ちちはは

つつがなしや ともがき

あめにかぜに つけても

おもひいづる ふるさと


DSC02786n


DSC02791n


DSC02794n


DSC02799n


DSC02802n

寒くなりましたねぇ

朝晩は 冷えるようになりました

おさななじみと二人 銀杏の木をみて おなじみの湯村温泉につかってきました

僕たちがかよった平田中学校も 移転して 最新式になって

設備はいいかもしれないけど 雑巾がけさせられた木の板の廊下もないし

子どもも 先生も 町じたいも 変わってしまった気がしますね


昔の校舎は放課後になると なんだか不気味でね

「昨日の放課後 でたんだってさ」なんて話し ありましたけど

あのオバケたちも 今ではどこへ いっちゃったんでしょうねぇ


DSC02803n


DSC02805n


DSC02815n


DSC02818n

こころざしを はたして

いつのひにか かへらん

やまはあをき ふるさと

みづはきよき ふるさと


DSC02825n


DSC02826n

夜通し神楽~江津 夜須神社 2

DSC02582n

今夜 夜須神社で演るのは 浜田の「細谷社中」です

「細谷社中」といえば 大社の遷宮の時 観たので

この神楽団なら まちがいないや!

ということで 夜須神社をさがしてきた ののオヤジです


DSC02519n

団長さんのみじかいあいさつがあり

お清めの舞いから 始まりました


1DSC02538

なにしろ 日にちをまちがえてきちゃったんじゃないか と心配してたものですから

八調子の神楽囃子が 始まっちゃったときには 最高の幸せを感じました

そして 朝までうっとり うっとりと すごすのです

にぎやかな石見神楽を観ながら この感覚 おかしいでしょうか

DSC02521n

あたりを見回しても 家の明かりは ポツンポツンとしか見えません

っていうか ほとんどない!

祭りがなければ こんな夜更けに このあたりでうろうろしてるのは

タヌキとキツネだけでしょう

それとも ウッソウとした木々にはばまれて 見えないけれど

木々の間には谷がいっぱいあって その谷に家がけっこうあるのでしょうか

DSC02535n

観客は 多くありません

わずかな氏子さんたち(わずかでしょう、たぶん)と その家から嫁にいって 今夜だけは里帰りです っていう人たち

外部から遠路はるばる おとずれている酔狂なやつは 私ぐらいとみえました

DSC02533

篝火の真ん前に陣取って観ました

これが 暖かいんですよ

燃えさかる火が 幻想的な雰囲気をもりあげてました


DSC02549n

地元の人たちにとっては 石見神楽なんて いつも身の回りにあるでしょうから

今宵の祭りも 日常的な場面の一コマにすぎないでしょうが

鬼のお面や豪華絢爛な衣装 テンポの早いお囃子 激しい舞いなどは

私を異空間へ いざなうようです


DSC02546

神々やもののけたちが まだいっぱいこの国いた時代

???


DSC02553

篝火で 頬を上気させながら うっとりとながめておりました


2DSC02556

寝不足のときは それでなくても 気分はハイなのです

眠いはずなのに 眠くない

鉦や太鼓や笛にあわせて 私の頭の中にも 異様なものたちが踊りまくっているようでした


DSC02560n

アッと おもったら 1秒かそこらのわずかな時間 私は眠ってました

はっとして また目をこらし 神楽に観いることを 何度もくり返してました


DSC02569n

上の写真の「塵輪」は

石見神楽では 「大蛇(やまたのおろち)」とならぶ 人気演目です

これが終わったのが 夜中の1時30分


DSC02574

いよいよ 石見の夜須神社は

丑三つ刻をむかえます


DSC02572

続く・・・
 

夜通し神楽~江津 夜須神社

さて このブログで アクセスがいまだに多いのは
出雲大社・遷宮時の 石見神楽の記事です

江津に行ったのは 夜須神社の例祭の 奉納神楽を観るため なのでした

Google地図では 県道からわりと近く
現地の方にたずねるまでもなく
夜須神社の表示と 祭りをしめす縄に 白い紙がひらひらと 現地まで案内してました

DSC02501

が・・・しかし その一本道は 車がすれちがえないほど 細くグニャグニャで
やっとこさ行くと  

上の写真の 大きな銀杏の木は となりの長久寺のもの

写真中央に ちいさ~くポツンと見えるのが 神社の鳥居
そこから歩きで 夜須神社は 山の頂上にあるのでした
 
前日の睡眠不足と 温泉のぬくもりの酔いで
着いてすぐ 車のなかで うとうとしてしまい
二時間ほどして目がさめると 七時

DSC02506

奉納神楽は 夜九時から 次の朝六時まで
一晩中つづくと Webにありました

でも 八時になっても ひとっこ一人 現れません
日にちを まちがって観にきてしまったのかと 不安になりました

鳥居のそばの灯提に灯りがついているのは 見えるのですが・・・

DSC02507

帰るにも 真っ暗なあの道を引き返すのかとおもうと
怖くなりました

すると 八時半頃になると
難道を 車が ゴーゴーッと つぎからつぎへと 上がってきました
現地の人は こんな道 なんともないらしいのです

石見時間です
直前にならないと なにも始まらない
もっとも 出雲もそうですが

DSC02508

長~い 急な石段をあがると すっかり準備は できあがっていました

篝火もたかれ
祭りのはじまりです

DSC02512

夜明かしで 石見神楽が舞われるというのは
うわさではきいていました
でもそれは とくべつなところで 年に一度だけくらいだろうと おもってましたが

しらべてみると 石見では
地区々々の ちいさな神社で ごくふつうのことらしいのです

あっちでも こっちでも 神楽団が神社からまねかれて オールナイト興行です

DSC02517

神楽ファンには うらやましいかぎり

夜須神社は 山の中のちいさな地区にあるちいさな神社
そんなに多くない氏子さんたちが 祭りを 皆でささえていらっしゃるようです

DSC02558

ここでの神楽の出し物が 一つ終わって静かになると
どっか遠くからも 神楽囃子が きこえてきます

となりの山には 多鳩神社があって この日
おなじように祭りで べつの神楽団が公演してる ってことでした

DSC02555

この時期 夜中はかなりサブいです

コタツがでてて あたってる人や ダウンジャケットや毛布持参の 神楽見物です

DSC02619n

続く・・・
 

江津市へ何をしに行ったのでしょ~か?

DSC02455n

ののオヤジは 夜勤のある仕事をしています

25日の朝 夜勤が終わると 寝もしないで
すっ飛んで 江津市へ

DSC02460n

江津の山の中に 有福温泉があります

DSC02462n

1300年の歴史がある(・・・とパンフには書いてあります)

DSC02468n

せまい旅館街に 公衆浴場が 3つあります
下の写真の 三階旅館のとなりの 「さつき湯」に入り

DSC02457n

これが その浴槽 ↓

DSC02473n

その後 「御前湯」に入りました

DSC02464n

これが その浴槽 ↓

DSC02476n

有福温泉は もちろん 源泉掛け流しで 美人の湯だそうで
どおりで 肌が つるっつるになりました

DSC02485n

休憩所にあった 昔の有福温泉の写真が(大正時代? 昭和初期?) おもしろかったので
それを 撮ってみました
昔の人は オシャレですね

DSC02487n

でも 江津に行ったのは これが目的では なかったのです

DSC02488n

島根の石見には 多くの町が
自分の町の神楽団を もってるそうです

DSC02489n

子どもたちは 小学校や中学に 神楽の部活がある とききました

DSC02491n

この有福温泉にも 独自の神楽社中があって
温泉街の中に 温泉客のための 神楽殿があります

今日もこの町の社中は どこかの神社での 出前に行く準備をしてらっしゃいました

DSC02469n

さて ののオヤジは 寝不足もかえりみず
 江津へ 何をしに行ったのでしょ~か?

次回の更新を 待て!!!
 

Facebookやってまんねん!

face1

こんちわ
ののじろうも Facebookやってます

「ホーム」の言語設定で 日本語(関西弁)に設定 しましたら

「今どんな気持ち?」が 「なにしてるん?」

face2

「リンクをシェアしました」が 「リンクをわけわけしたで」

「いいね!」が 「ええやん!」

「コメントする」は 「つっこむ」

・・・と表示されるようになりましたで 

face3

ご結婚について by 娘です♡

DSC02066nn

ごきげんよ~~~
ののじろうの娘で~~~す(・ω<)

高円宮家の次女の典子さまと 出雲大社の神職 千家国麿さんの結婚式が5日 出雲大社で行われました


それについて 地元の一女子高生から ヒトコト(*´∀`) 

slide_372996_4337552_compressednn

皇室の典子さまは ご結婚され 一般人になられて
これからは典子さん と ”さん”づけで よばれるらしいで~す
NHKが いってました

いつまでも国麿さんと ”典子さま”では
つりあい とれないですからね~

お二人 お雛さまかざりみたいですけど
だんな様の 左手の指が 先の先までピンとしてて
きちっとした方だと おもいました

家の中を おパンツいっちょうで お歩きされたり しないでしょ~ねぇ~
父みたいに!

披露宴には EXILEのHIROさんも およばれしたんですってね
わたしだったら Taylor Swiftに きてほしいです


Sexy Zoneの勝利くんとの結婚式には (^o^)

DSC02201ん

飾りじゃないのよ猫は

DSC01906

「 ブログで見ましたよ じっっさいに みてみたい 」

でも 訪問者の前には
ぜったいに すがたをみせない

どっかで寝てますよ
 

霧の朝の散歩

DSC01827

花々が ちょっと乱雑に なってます

DSC01865

秋桜もダリアも もうそろそろ おしまいでしょうか

DSC01894

朝晩は 冷えるようになりました

DSC01867

散ってしまったのも かなりあって
お行儀よく ととのってるより こんな景色 いいですよね

DSC01878

今朝は とても霧がふかくて
蜘蛛の糸にも つぶつぶになって 付着してました

DSC01896 (2)

( PCでごらんの方は クリック拡大して ごらんください )

DSC01884

来待ストーン~宍道町の異空間

1DSC01816

宍道湖の対岸の町 松江市宍道町来待に
「来待ストーン」はあります

2DSC01814

10メートルくらいのトンネルをぬけると
そこは ちょっとした異空間です

3DSC01787

でも今回は あの世とか・・・には まったく関係ないです
上の絵の 左の白っぽいジグザグが トンネルの出口です

3DSC01820

ここは 来待石の 昔の石切り場を利用して
来待石に関するミュージアム 石の彫刻や陶芸を体験できる施設や
レストランがあります

4DSC01771

垂直にけずられた山肌は 石の壁
高さが 5階建てのビルくらは あるんじゃないですかね~

4DSC01810

出雲や松江の庭にある石灯籠は
たいていが ここの来待石を原材料として 加工されたものです

5DSC01767

なぜか狸のオブジェが ぽつりぽつりと おかれています

5DSC01779

ここ けっこう広いんですよ
サッカー場くらいかな
地面も石 まわりも石で どっかの遺跡に迷いこんだ感じがします

5DSC01780

いつきても すこし湿り気のある やわらかな風が吹きぬける
イメージ
しばらく石に腰かけて 瞑想していたい気分

5DSC01783

おとずれる人も多くなく
静かなところも わたしのお気に入りです

DSC01785

上の絵の 左をすこし上がると
もっと古い 石切り場があります

DSC01790

しばらくは もののけ姫の世界に ひたりましょう



DSC01791


DSC01792


DSC01793


DSC01794


DSC01795


DSC01796


DSC01797


DSC01798


DSC01799


DSC01800


DSC01801


DSC01802


DSC01803



さッ 明日も
お仕事 お仕事!

DSC01811

<<HOME<<



ののじろうのもう一つのブログ
今日のお天気
押してくれない方いがいはみんな押してくれています ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

自己紹介と「おさらい」
smallnono 黒

本名 : のの
ニックネーム : nonojirou

島根県出雲市に住んでます

猫と飼い主のつぶやきが
交錯する日記です


 いままでの 「おさらい」
↑ ↑ ↑
クリック!
 
みな様からのお便り

UP ↑