わがはいはnonojirou ・・・ それから

けっこう毛だらけな・・・ ☆ 湯村温泉の琥珀くん ☆ 温泉津温泉のにゃんこ ☆ 野良のマキノさん ☆ 迷い猫のれん ☆ ちっちゃい頃ののの

2015年11月

電飾の家 2015

DSC06951

今年も あと一月になりましたね
斐川町の電飾の家です

DSC06991


DSC06974


DSC07090


DSC07109


DSC07113

写真をいっぱいとってきましたが
「もう帰ろうよ」のほうで ごらんください

DSC07125

ありがとう!

DSC06641

ありがとう!

DSC06670

中国 ありがとう
韓国 ありがとう
北朝鮮 ありがとう

DSC06642

今 日本が危ないと 気づかせてくれて ありがとう

DSC06676

いかにわたしが 平和ぼけしているか
気づかせてくれて ありがとう 

DSC06643

小中高と いかに誤った歴史観を 教えられてきたか
気づかせてくれて ありがとう 

DSC06668

NHK ありがとう
朝日新聞 ありがとう
毎日新聞 ありがとう
読売新聞 ありがとう

DSC06645

日本の中にこそ 日本の憂いがあることに
気づかせてくれて ありがとう

DSC06672

年収の多い人たちのために 日本のシステムのすべてがあることに気づかせてもらい
ありがとう

DSC06647

もうすこしで
自分の国も愛せずに 一生を終えるところだったよ

DSC06683

ありがとう!

DSC06651

竜頭ヶ滝

DSC06480

滝にうたれてみよう

DSC06482

けわしい山深い道を ひたすら
ぜーぜーいいながら歩き からだを酷使し
やっとのことで たどりつき

DSC06489

わきでた汗をぬぐい
ふるえるひざがしらを 手でおさえ
すがすがしい風を 胸いっぱいすいこんだら

DSC06492

ながれおちる水の音をきいて
たなごころをあわせ
日常によごされて みだれたこころを
山の神の霊力で
鎮め 清めよう

DSC06512

けれど 竜頭ケ滝は 駐車場から すぐだったよ
道も 平坦で
広場から滝までは 80mの階段をすいすい のぼるだけだったよ

DSC06518

清浄で おごそかな空間に 身をおき
孤独を かみしめよう

DSC06553

けれど すでに人がいたし
あとからあとから 人がやってきたよ
女、子どももいて とってもファミリー的だったよ

DSC06524

滝にうたれてみよう
もちろん 気分だけ

DSC06538

落差40mからの 水のいきおいは すさまじく
滝壺は 奈落の底へと つづいてそうだった

DSC06551

ざざざざ~~~~~っ
竜頭ケ滝の 雄滝はまるで
弱いわたしのこころを あざ笑っているようだったよ

DSC06586

近所のおばちゃんが 毎日 わんこを散歩させて 滝をみにいくという

DSC06471

下には 夏場に子供たちが遊べそうな 雌滝もあった

DSC06590

雲南市の秋は わたしのこころのなかにも
深まりゆくばかりだった
・・・・・

DSC06585

鳥のように、花のように

DSC06107
(鳥と花の楽園 「フォーゲルパーク」での 乙女の祈り)

鳥のように
自由で
花のように きれいになりたい私
 
ミミズクさん ミミズクさん・・・ どんな気持ち?
 
DSC06395 (1)

へッ!!!

DSC06405

ここには
おいしいもの たくさんあるし~

DSC06324 (1)

シベリアや アマゾンや アフリカの
大地と大空は 恋しいけれど

DSC06368

ミサイル ふってこないし~

DSC06337

ジューゲキセンもないし~

DSC06373 (1)

サベツや ダンアツもないし~

DSC06344んんん

ちなみに
ちゃんと 飛べるんですよ~

DSC06151 (1)

おねいさん やさしいし~

DSC06212 (1)

お肉 くれますよ~

DSC06162 (1)

シャッタースピード かんがえて ほしかった! 下手!

DSC06194

以下
うつくしい 園内を ごらんください

DSC06279


DSC06290


DSC06265


DSC06246

もう クリスマスバージョンですね

DSC06255


DSC06402


DSC06291


DSC06427 (1)
 ののじろうの娘さん ご自慢の 一枚

 DSC06429 (1)んん

続・未来行きの電車~「母をたずねて三千里」

未来行きの電車に乗れば 未来へ行けることを すでに知っている
けれど

DSC05979 (1)

過去や現在にもどる手段がないことに がっかりしていた
が・・・

DSC05913nn

この事実から
遠くを見ることは 過去を見ることだと
気づくにいたったのだ!

ということは 山のあなたの三千里に
幼いころのおいらが母の み胸にいだかれているに ちがいない
 
それならば 光より速く駆けてって 顔さえわすれた母に 会いたい!

DSC05951 (1)n

けれど おいらは この窓を突き破ることさえ
できないでいる・・・
 

青い一日

DSC05692

空も 宍道湖も 青くて けっこう毛だらけです

DSC05681


DSC05731

ケーカイ心のつよい 鍋の具は
すぐ にげます

DSC05721 (1)

はじめの写真は 上の道から撮りました

DSC05741


DSC05750

漁をおえた船が もやってます

DSC05767


DSC05773

白い砂みたいのは シジミ貝の殻です

DSC05780

おッ また 電車がきました

DSC05785

左のミラーに ののオヤジが写ってます
↓ 素顔 ブログに 初登場

DSC05795

クリック拡大しても 見えないか
残念!

DSC05797

秋の散歩道

yDSC05526 (1)

おかわりないですか
日ごと 寒さが つのります

DSC05583


DSC05606

一人 散歩してみました
やっと すこしは 大人になれたのかなと おもいました

DSC05590


aDSC05578


DSC05567

秋が すこしずつ里にも 下りてきています

mDSC05494


mDSC05522


fDSC05547


fDSC05552 (1)

ドングリが 小さな川の中に 落ちていました
ざんねんながら ドジョウは いませんでした

fDSC05592


kDSC05557


rDSC05541

冬は 寒いから 嫌いです
でも この歳になれば また夏がくることも 知っています

DSC05508


yDSC05527


mDSC05532

サイモンとガーファンクルで 「冬の散歩道」というのがありました
荒神谷公園を 歩いてみました

時よ、時よ、時よ・・・ という歌詞ではじまる
すこし むずかしそうな曲でした

DSC05603


yDSC05597


DSC05576

娘が熱をだしたので 緊急外来に連れていきました
インフルエンザじゃなくて よかったです

暖かくてきれいなところで すぐに診てもらえる日本は やはり すばらしい国です

画像は クリック拡大して ぜひ! ごらんください

DSC05611

<<HOME<<



ののじろうのもう一つのブログ
今日のお天気
押してくれない方いがいはみんな押してくれています ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ

自己紹介と「おさらい」
smallnono 黒

本名 : のの
ニックネーム : nonojirou

島根県出雲市に住んでます

猫と飼い主のつぶやきが
交錯する日記です


 いままでの 「おさらい」
↑ ↑ ↑
クリック!
 
みな様からのお便り

UP ↑