ファンタジーに登場する 「精霊」や「妖精」っていうと どんなイメージでしょうか?

DSCN0086.JPG

斐川町神庭にある 「神代(かむしろ)神社」です 御祭神は宇夜都辨命(ウヤツベノミコト)

銅剣や銅矛などが大量に発見された荒神谷遺跡の東 同じ「神庭」にあります

「神庭」という地名からして いかにもって感じですね

DSCN0087.JPG

サッカープレミアリーグなど見ておりますと 試合前やゴールを決めたとき  

マンUのエルナンデスも アーセナルのロビンも 外国選手はみんな 神様にお祈りしてますよね

結婚式は神前結婚で 葬式は仏教でするのに

今の日本人は 無宗教だなんていわれて 心のよりどころとするものが無いって・・ 淋しいですね

DSCN0088.JPG

社の周りは苔の絨毯で ふかふかでした

「神道」なんて聞くと なんだかおぞましい響きがありますが

遠い昔のわれわれの祖先は ありとあらゆる自然現象に畏敬の念を抱いて お祈りしたのでしょうね

神社の右側から山の頂上へ向かう道があり 途中に 縄の張った石がありました

DSCN0089.JPG

素朴な庶民の信仰を 政治的に利用されたカタチが 「神道」のような気がします

「精霊」や「妖精」を感じる感覚と 古代の日本人はおんなじ感受性でお祈りし 貢物を捧げていたのだろうと思います

そして 頂上付近には この巨岩

ここに辿り着くには 言うまでもありません 心臓が飛び出すかと思いました

DSCN0092.JPG

ティンカーベルや ムーミンや トトロのイメージとは ちょっと違うイメージですが

これらの巨岩としめ縄を見てると

現代のわれわれが忘れてしまっている何かを感じます

夏祭りや 秋祭りというカタチで 心の奥底に残っている感覚を

少しだけ探す気になれば こんなんが たくさん身の回りにある出雲という土地に暮らす われわれは

DSCN0095.JPG

きっと 恵まれている と思うのですが・・

八百万の神ってとても人間的で へそを曲げたりすると

恐ろしい「荒神」になったりするらしいですよ sAO7xI7iVDD0MTf.jpg


にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ