DSC02595n


草木も眠る丑三つ刻 山陰石見の山の奥

はるかはるか昔から 大和の国にあらわれて 人をパニックにおとしいれ

災いもたらす鬼たちを 正しい神々がこらしめて 鎮めてきた物語

かぎりない闘いの再現を 私はながめていたのでした


 DSC02598n


コーフンとキンチョーの連続の中 ユーモラスな恵比寿さん

釣り竿さげて鯛を釣り お客に飴を投げました

女や子どもはよろこんで こっちこっちと拍手喝采


DSC02614n

黒塚は 行者(山伏)とその弟子が 狐のオバケを退治するお話しですが

行者と弟子は 漫才さながらのかけ合いをするんです

写真の左が行者でツッコミ 右が弟子でボケ役です

この演目が始まったのは 午前3時でした 


DSC02603

イキの合ったゼツミョウの会話に お客は大笑い

客席から缶ビールのさし入れがあって 弟子はそのあと 狐のオバケとの立ち回りで

なんどもでんぐり返しをするんです


DSC02607

ほとんど休憩なしで ひっきりなしに神楽は舞われます

天神が始まったのは 午前4時5分


DSC02628n

暗がりからは タヌキやキツネや野ウサギたちも この夜だけは

家族総出で 目をこらしてこの神楽を 観ていたのでしょうか


DSC02623


あと残された演目は2つ 「鍾馗」と「大蛇」

クライマックスへ 突入します


DSC02634n

「鍾馗」は 「塵輪」や「恵比寿」などとならんで 石見神楽では 欠かすことのできない

人気の出し物だとおもわれます

鬼の身につけている衣装は 豪華絢爛で ン百万だとききました


DSC02639

私も2晩 ほとんど寝てませんので ずっと朦朧としっぱなしでしたが このころになると

目はランランとして かえって覚醒し

子鬼のような顔をしていたのかもしれません


DSC02643

いよいよラストは ヤマタノオロチ です


DSC02647n

宮のお座敷で ぐでんぐでんに酔っぱらて ながくなってた氏子さんたちも

ふらふら起あがるころです


DSC02651

若いころ どっかのディスコで(超・死語!)夜明かししたのも 楽しかったけど

この歳になって 家族をほっぱらかして 良き夜明かしを いたしました


DSC02662


DSC02663


DSC02666

長い秋の夜が だんだんと薄まってきました


DSC02668


DSC02673


DSC02677


DSC02679


DSC02681


DSC02688


DSC02689


終わったのは 6時きっかりでした

細谷社中のみなさん ありがとうございました

夜須神社の氏子のみなさん お世話になりました


DSC02690