DSC03893nnn

「古事記」や「日本書紀」とは別に 「出雲国風土記」というのがあります
 
それにだけ書かれているのが いわゆる
「国引き神話」で・・・

DSC03892

出雲国をつくられた 八束水臣津命(やつかみずおみつぬのみこと)は
国があんまり狭いので

夜見島(弓ヶ浜半島)というツナを 火神岳(大山)にひっかけ
園の長浜(長浜海岸)というツナを 佐毘売山(三瓶山)にひっかけ 

朝鮮半島などから あまっていた国(島根半島)をひっぱってこられた

・・・ということに なってるらしいです

DSC03900

佐毘売山は 三瓶山の古い呼び名です

Wikipediaによると
神亀3年(726年)に朝廷の命令で 三瓶山に改名させられたとありますが
それ以上の くわしいことは書かれていません

DSC03899

三瓶山は 古代出雲国や 物部氏に関係が深い山とされていたそうですが
どのように 関係が深かったかは よくわかんないのですが

物部氏といえば 蘇我氏にほろぼされたことになってますので
そのことに関連しているのでしょうか

DSC03914

また 古代出雲国が 大和朝廷に 国を譲った
ほんとは譲ったのではなく 血なまぐさい戦いのすえに 征服され 屈服させられたのかどうかは別にして
そんなことにも なんかつながりが あるのでしょうか

・・・と ののじろう歴史博士は
勝手な想像を してみるのでした

DSC03911

さんべ山より さひめ山のほうが
うつくしい響きで いい感じだとおもいますが どうでしょうか

DSC03915

高校時代の遠足で 頂上までのぼった記憶があります

でもいまは とてもそんな 元気はありません
体力もさることながら 気力のほうが ナエナエでして

DSC03917

国民宿舎「さんべ荘」の温泉に ゆっくりつかって ここにきました
露天風呂が 何種類かあって 源泉掛け流しで いい風呂でした

ほかほかのからだに 秋の風が こころよかったこと!

DSC03918

林のむこうに 夕日がおちていきました。

DSC03903