DSC03956y

浜田市のにぎやかな町中に ぽっこりと小さな山があって その山の中にあるのが今宮神社
神社の下の紺屋町商店街で 昨夜 奉納神楽がありました

10月、11月は 神楽の季節でもあります

出演は 石見神代神楽上府社中でした
19:00~23:00
「塩祓い」、「天神」、「塵輪」、「恵比寿」、「黒塚」、「鍾馗」
そして 「大蛇」の 7演目でした

DSC03971 (1)


DSC03978


DSC03980

夜は かなり寒くなりましたが 近所の人たちがおおぜい観にきてました

DSC03999

大田市、浜田市、益田市、津和野町など 島根の西部の石見地方では
山奥の村でも にぎやかな市でも 海辺の町でも

「なつかしの国石見」というサイトで 数えてみると
神楽社中は 129もあるんですから
おなじ町でおなじ日に 数か所の神社で・・・は あたりまえのことのようです

秋は 石見神楽のカーニバル期間です

DSC03982


DSC03983 (1)

この夜の舞台は 神社の神楽殿ではなく
商店街にある 小さな公園スペースに 畳を敷いてのものでした

DSC03990 (1)

ほんとは インターネットでしらべて
ちがう町の神社の神楽を観ようと家を出ましたが
その場所が どうしてもわからなくて こちらへきたのですよ

DSC03996


DSC04002 (1)

↓ 着替え中の 楽屋裏です
DSC04010 (1)


DSC04026 (1)

 おちゃめな恵比寿さんが 観客にアメを投げてます
DSC04020


DSC04028 (1)

 アマチュアの画家さんが 絵を販売してました
DSC03957

 その画家さん ご自分のジャケットにも・・・
DSC04013


DSC04036 (1)


DSC04051

パフォーマンス重視の石見神楽
観てるほうは寒かったですけど 演ってるほうは 汗だくの大熱演
 
DSC04061 (1)


DSC04067

 太鼓の上に跳び乗って ジャンプ
DSC04074


DSC04075

石見神楽の魅力は お面やお囃子の素晴らしさや
それから ゴーカ絢爛な衣装も その一つです

社中を維持していくには 地元の有力企業のバックアップが
かなり必要なんだろうなと 観るたびに思いますよ

DSC04083 (1)

それと 一番大切なのは ひき継いでくれる若い人材でしょ~ねぇ

DSC04094 (1)


DSC04103 (1)

それから それから 地元の人たちの 熱心な気持ちでしょうか

DSC04088


DSC04146

大人たちが ビールの酔いがまわってくるころ
最終演目の ヤマタノオロチが登場
夜更かしの子供たちは 変わらず元気に 飛び回ってました

DSC04155


DSC04149


DSC04188

浜田へは 車で片道3時間です

体育館のステージでの 大きな神楽大会より
地元のこぢんまりしたお祭りに チョイ参加させていただくのが ダイスキです

DSC04204

こんなに素晴らしい 石見神楽という総合芸能をもってる石見を いつも
うらやましいな~と 思っています

DSC04226

* 画像はクリック拡大してごらんいただくと もっといいかとぞんじます

DSC04247

ののオヤジは これをGETして帰りました
 額入りで 700円でした
DSC04250 (1)