DSC04351n

晴天の日々がつづいてますが 10月も半ばをすぎて 夜は ぐ~んッと冷えこむようになりましたね

邑智郡美郷町は 大田市から広島に向かう山間を
江の川の流れにそってひろがっています

昨日の山陰中央新報は この町を走るJR三江線が あまりの利用客の減少で 廃止を検討されていると報じています

DSC04326

近くの道の駅から臨時のシャトルバスが運行され お参り人には チャッカマンがわたされて
 わたしも参加させていただいて ご近所の方たちと
松尾山八幡宮の4000本の竹灯篭に
火入れをしましたのは 午後6時でした

松尾山八幡宮N

7時からは 都神楽団が 神楽を奉納することになってます

DSC04335

長い石段に あたたかな竹灯篭の灯りがならびました

DSC04377

松尾山八幡宮の秋の例大祭の はじまりです

DSC04339


DSC04355

たこ焼きや ラーメンや おまんじゅうや オモチャの 夜店もでてました

DSC04341

裏山の崖にも 竹灯篭の灯りが浮かびでて
斜面の観客席に 神楽を待つ人たちが陣取りだしました

DSC04347

前ぶれのお囃子もながれて

DSC04359

本殿では 氏子さんたちの代表をあつめて 神事がとりおこなわれました

DSC04362

この町の社中である都神楽団は すんご~い人気があるんですよ

DSC04384


DSC04370

シャトルバスがでるくらいですから 7時前になると 人でいっぱいです

DSC04387 (1)

この伝統芸能と光の祭典「竹灯篭と夜神楽」のイベントは
「国際ワークキャンプ」といいまして 日本人と外国人の学生さんにホームステイしてもらって
竹刈りと竹灯篭づくりや郷土芸能への参加 イベントの飾りつけなどなどに参加してもらい
文化交流している ということらしいのです

DSC04428

昨夜 舞台に上がって紹介されてたのは
日本人のほか ドイツ、スウェーデン、フランス、シンガポールなどからの学生さんたちでした

DSC04594n

ヤマタノオロチの演目のなかで オロチにのませるお酒づくりをする学生さん 

DSC04441

神楽殿の天井につるされた 神さまの名が書かれた飾りをつかった
珍しい(わたしははじめて観ました) 神主さんのパフォーマンス

DSC04443

そして 神主さんと氏子さんたちによる
藁でこさえた大蛇をかついでの神聖な舞(?)

DSC04447n

都神楽団による神楽は 次回の更新で・・・

DSC04338