inoonadaeki

当時17歳
毎日 8時02分平田駅発の一畑電車で 出雲の高校に通ってました
同級生の親友が好きな女の子ができちゃって 告白すべきかどうか相談を受けました
私がだんどりして ついに彼は彼女に告白

しばらくして 彼女は彼に話したそうです
「一畑電車に乗って 出雲から松江まで行って それから
一畑電鉄に沿って宍道湖を見ながら 松江から出雲まで歩いて帰った」と

彼女は なにを思ってそんなことをするのだろうと 彼は私に言ってました
松江から出雲までは 約34キロです

itibata

またしばらくして 彼女は手首を切って 自殺未遂をしました
それから 彼は何度も彼女の家に会いに行ったそうですが
結局 彼の恋は成就しなかったようです

高校を卒業して彼は 美術の教師になったようです
彼女がその後 どうなったのか私は知りません

 ちあきなおみ『喝采』  沢田研二『危険なふたり』 かぐや姫『神田川』  チューリップ『心の旅』
天地真理『恋する夏の日』  浅田美代子『赤い風船』 ・・・などがヒットしてた頃のことです