3   無題

< 資本主義か 共産主義か という議論は
今や まったく無意味です >

今の世界では 世界中の人たちが額に汗して働いた お金の総合計の
4~5倍のお金を ごくごく少数の金融資本家たちが 所有しているといわれていて

トランプ大統領誕生
イギリスのEUからの離脱は
それらの国の人たちが 気づいて 不満をもらした始めた結果だともいわれています
世界中が 資本主義の弊害に 感極まっている感じでしょうか

物、金、人が 自由に行き来でき 自由貿易を唱える
金融資本家たちは
グローバリスト(国際主義者)と呼ばれ
その国に住む人たちのことは 無視して あくまでも自分たちの利益を優先し
国など要らない 世界は一つになればいいい
その方が 自分たちのお金儲けには 都合が良いという人たちです

アメリカファーストは 自分勝手で保護主義的だと 批判されますが
そうではありません むしろ逆です
ごく一般の国民に富を分配して グローバリストから 国を守っていこうということです
金融資本家よ おまえらだけ 儲けてるんじゃねぇ ということですね

そんなグローバリストの考え方と 対立する トランプは
かれらの経営する 新聞やテレビに叩かれて
弾劾に 追い込まれようとしています

< ・・・それだから 自由{資本}主義経済は ダメだ
共産主義なら そうはならない
・・・というのは 間違いです >

最初にできた ソビエト連邦は 経済が発展せず 国がなくなってしまいました
北朝鮮は あんな国です

それでは 14億の民をかかえた 中国はといえば
国よりも 共産党という党の方が 上位にあって
共産党員は 8000万人といわれてるらしいですが
それじゃぁ その他の人たちは 何だっていう話ですが
その党員の これもほんの一にぎりの 上級の者たちが

件の外国の金融資本家たちと 連携して
残りの国民から搾取して 富を貯え 半端じゃない資産(兆単位)をもって
隙あらば 自由な外国へ逃げる チャンスを伺ってるっていうのが 現実らしいです
言論の自由はありませんし
権力争いは 熾烈を極め
暗殺や 粛清は 日常茶飯事
権力固めのために チベットや ウイグルや 南モンゴルを侵略し
虐殺された人たちは 何万人か 何十万人か 何百万人か 何千万人か 数知れずという具合です

つまり グローバリストと共産主義者の 考え方は 同じだということ
ソビエト革命も 当時のグローバリストの資金援助によって 成ったものでしたし
中華民国を台湾に追い出し 中華人民共和国をつくったのも グローバリストだったからです

もっと言えば ヒトラーに資金援助したのも かれらでしたし
北朝鮮のミサイルの資金援助も
ISをつくったのも かれらです
どうしてって 儲かるからです

そして グローバリストや新聞やテレビが あの中国さえも 
巧妙によく使う だれも反対できそうもない すばらしく美しい言葉に
自由、平等、人権尊重、平和主義・・・があります
これらを口にする人にかぎって 暴力的なのも わかる気がします
 
人は 所詮 欲が深く 自分を第一に考えます
それは 人の業というものでしょう
けれど これらは むずかしいことですが 自分の欲を抑え 他人を尊重して
折り合いをつけていかなければ どれも絶対に 実現できないものでしょう

考え方や 言論の自由は 大切です
でも 経済までもが あまりに自由すぎると 弱肉強食になってしまいます
自由と抑制の バランスをとる 正しい感覚が 必要でしょう
また 民主主義は 多数決で これ以上 公平なシステムはないと
安易に思いこむのは 危険です
実際には 金融資本家たちが経営するマスコミの 世論誘導によって
決められてしまっている現実を 知るべきです

そして今 日本でも 新聞やテレビが
同じことを 毎日々々 言いたてて
まるで 発狂しているとしか見えない 状況です

おまけに 報道をしない自由というものもあるらしく
中国の武力を使わない侵攻 等々々 ひたすら隠してます
ついこないだまで ミサイルを飛翔体と言ってましたし
今もって 中国船は 機関砲のようなものを 積んでいます
これらのやり方は あまりにも幼稚で 見え透いています
新聞に書いてあったから NHKのニュースが言ってたからと 信じこむのは 愚かです

新聞やNHKが愚かなのは 言うまでもありませんが
踊らされて 国を誤る方向へ ひたすら向かっているのだとしたら
私たちこそが 本当の愚か者なのです