kennpoukaken

12月27日 自民党の憲法改正推進会議が開かれました
そこで 我等が青山参議院議員が
九条の3項として 以下のように追加する案を提出されました

     憲法第九条  
      1項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
         国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
         国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
      2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
         国の交戦権は、これを認めない。
      3項 本九条は、自衛権の発動を妨げない。

けれどもこのことを 日本の全マスコミは 一切報道しませんでした
なぜでしょう???


本日の【DHC】12/25(月) 青山 繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】(←クリック)をご覧ください
(一週間くらいは 視聴可能と思われます)

もし 与党、野党の区別なく この案を無視したり この案に賛成しなかったら
現在の日本の国会議員の本質、正体が 見透かされると 私は思います
どんなにきれいな言葉で飾っても
日本人の生命、財産を護る気がないのだ!!!と


この番組の中では 他に
日本海を 韓国が勝手に「東海」などと言っていることが 問題になっていますが
その遠因が 2005年当時の小泉政権の 驚くべき対応にあったことを 暴露なさっていますし

また 護憲を主張する日本共産党の欺瞞を 彼らの国会内のふるまいをもって 暴いていらっしゃいます