米朝会談で
なんとなく 朝鮮半島に平和がやってくる というような雰囲気を マスコミが煽っています

2rati fukudatake

日本は北朝鮮と まず国交を結んで
戦後賠償のおカネを出して 仲良しになってから
拉致被害者を返してもらえばいいと 言いたいようです

日本人を1000人(?)も拉致して返さず 日本列島を海に沈めてやると 脅し続けてきた国と
まず 仲良くなろうなどと言うのは 言語道断です

賠償金の一部を 自分の懐に入れようとする 日本人がいるからです
そんな売国奴の口車に のってはなりません
戦後賠償なんて びた一文もだす必要はありません

戦前 日本は 朝鮮半島に 港や道路や病院や学校などをつくるために 多額の投資をしました
日本人は 今更それを返してくれなどと みみっちいことは言いません

もし 北が これまでの犯罪の数々を悔い改めて 民主主義で自由経済の体制の国に 生まれ変わるなら
経済援助として おカネを貸すのはいいでしょうが

あの韓国と同じ民族が 後で 何を言いだすやら 分かったものではありませんし
本来 詐欺師の国に おカネを渡しても 拉致被害者を返す保証など 絶対にありません

rati fukudatake

米朝会談で 拉致の話しをしてくださいと アメリカの大統領にお願いはしても
実際の拉致被害者の奪還は 日本人自らの手によって 実行しなくてはなりません

もう憲法を改正している暇などありません
今 この機会を逃してなるものですか

憲法など無視して 拉致被害者の奪還に 自衛隊が あらゆる行動を起こせるように
国会で決議すべきです

1977年のダッカ事件で 福田赳夫総理は
「人命は地球より重い」と言い 超法規的措置で 身代金までつけてテロ犯を釈放しました
日本国憲法が 地球より重いはずはありません
人命が地球より重いのなら 日本国民の命を 憲法より当然優先すべきです

それに反対する議員がいれば それが誰なのか 日本国民はしっかりと見届けましょう