米下院が 「チベット相互入国法案」を可決しました
この法案は チベットへの自由な立ち入りを推進する法案です

中国政府が
アメリカの役人 ジャーナリストを含む アメリカ人のチベット立ち入りを規制した場合
中国政府の役人の訪米を拒否すると この法案は規定しています
<2018年9月26日 アメリカ合衆国、ワシントンDC>

「今日という日は、人権の面で非常に大きな意味を持ちます。」
イリノイ州選出のランディー・ハルグレン議員とともに この法案を提出していた
マサチューセッツ州選出のジム・マクガバンは こう語りました

「アメリカは、人権のためにまっすぐに歩みを続けなければなりません。
中国政府によるチベットでの人権侵害に対して声をあげなければなりません。」と

0  1 トランプ 02

チベットは 歴史的に独立国家でしたが この70年間は 中国の占領下にあります
中国政府は 外国人のチベットへの立ち入りを 規制してきました

そのため チベットにおける 宗教弾圧、拷問、不当投獄、違法殺人などの 人権侵害を
ジャーナリストが報道することは 困難でした

中国政府は アメリカ人ジャーナリスト、外交官を含む アメリカ人のチベット立ち入りを
ほとんどの場合で 禁じてきました
一方 中国人は アメリカ全土を自由に旅行することが 可能です

これによって アメリカ政府は
中国政府による チベット人に対する 非倫理的、不当、不安定な扱いが対処されずに そのまま続くことを
許さないという 明確なメッセージを送ることができます

また International Campaign for Tibet のマテオ・メカッチ代表は 次のように述べました

「米下院が、チベット相互入国法案を可決したことは
中国政府のチベット人に対する扱いを、米議会が、懸念しているということです。
今回の法案は、チベットを世界に開くべきだという、アメリカ政府から中国政府に対する強いメッセージです。
中国政府のプロパガンダが、空虚なものであるということを示すものでもあります。
下院で法案が通りました。次は、上院です。」と

そして チベット相互入国法案を上院に共同で提出した フロリダ州選出のマルコ・ルビオ議員は
次のようにツイートしました

「下院が法案を可決したことを喜んでいます。上院議員にこの法案を伝え、年内に、
トランプ大統領のアカウントから、この法案の可決がツイートされることを願っています。」と

・・・

「アメリカ合衆国の立法府」
連邦政府の立法府は 2 つの議院から成る 連邦議会である
すなわち 連邦上院と連邦下院である
法案は 両院を通過しなければならない その後で大統領に送付され その署名により成立する

・・・
この法が 今年中に アメリカ政府で成立することを 望みます!!!