中国は 1964 年から1996 年まで 新疆ウイグル自治区で
延べ46回 総爆発出力22メガトン(広島原爆の約1370 発分)の 核爆発実験を行った

最大の核爆発出力は 1976 年11月17日の 4メガトンの地表核爆発である
このような危険な実験を 中国政府は ウイグル人などの居住区で行ってきた
2008 年に札幌医科大学の高田教授が分析し 100万人以上の死傷者と 被曝者がでたと推論した

220b   ウイグルの声

アメリカ、ソ連、イギリス、フランスは
洋上や北極で 大規模な実験を行い 内陸では規模の小さい核実験をしていたのが特徴だったが
中国の核実験の特徴としては 内陸、居住区域付近での 地表大規模核実験である

地表爆発は 地表の土壌や砂礫など 粒子の大きなものを大量に巻上げ
風下地域に 大量の放射性物質を降下させるため 重大な被害をもたらす

核実験の被曝被害で重要な要素は 単純に爆発威力や実験回数ではなく
内陸の人口の多い居住区で行われたか 地表爆発か 爆発威力はどうかが重要だ

その結果 奇病、癌の発生率が 中国のほかの地方に比べ 新疆ウイグル自治区では異常に高く
核実験の影響によるものと考えられる

ウイグル人医師のアニワル・トフティ氏は 中国本土に住む漢人と比べて
ウイグル人の癌発生率が高いことに気付き 2年間の調査で これが核実験と関連があることを確信した



中国が新疆(しんきょう)ウイグル自治区で
100万人以上の少数民族を 再教育施設に 強制収容した疑いが出ている
「空前の弾圧」だとして
米共和党のルビオ上院議員らが 対中制裁を促す法案を 議会に提出すると明らかにした

ルビオ氏らは 2022年北京冬季五輪の開催を 見直すよう
国際オリンピック委員会(IOC)に 要請する方針も示している

「ウイグル族ら 推計100万人以上が 政治キャンプに強制的に送り込まれ
秘密裏に運営されているとの 確かな情報が数多くある」
これに対し 中国外務省は「根拠がない」「内政干渉だ」と反発している

中国が問題の隠蔽(いんぺい)を続け 疑念が深まる一方なら
強制収容されているウイグル族らの 一刻も早い救出と 人権保護に向け
国際社会は結束して 対中制裁も辞さない 強硬な姿勢で迫る必要がある

トルコ系民族である 中国のウイグル族は 約1千万人
多くはイスラム教徒で 中国政府は宗教弾圧を繰り返す一方 漢民族への強引な同化政策も採ってきた
が・・・
それに対する 日本政府の動きは・・・・・鈍い

<2018.10.12> 産経新聞デジタル版より



1946年 東トルキスタン共和国は 政府要人の閣僚たちが シナ共産党との会議のために北京に向かう途中
搭乗した飛行機が 中共軍に撃墜され
政府がなくなった混乱に乗じて 侵略を開始したシナ共産党軍により 滅ぼされた
そして「新疆ウイグル自治区」と さもシナの一地域のごとくの名前に 変えさせられた

ui

侵略当初 シナ共産党軍は 指導的立場にあった人間たちを次々と
「反乱分子もしくはその疑いがある」 として拘束
100万人以上が 司法手続きを経ずに拷問にかけられ 虐殺された

豊富な石油や天然ガスなどの 天然資源が発見された後は
資源の簒奪をすべく 漢民族による支配を実現し ウイグル人の存在自体を消し去るため
各国のマスコミは一切入れず 学校ではウイグルの言葉を話すことは 厳しく禁止され
漢民族を 1,500万人も入植させ   同化政策を強化した

15歳から22歳までの女性は 強制的に中国国内に移住させられ
中国人ですら嫌う 低賃金の重労働を課されながら 夜は強姦される若い女性が 後を絶たなかった
「民族浄化」「漢民族化」を推し進める中国共産党政権のもと 漢民族の男と強制的に結婚させられ
純粋なウイグル人は 絶滅の危機を迎えている

2ui

結婚相手と職を失った ウイグル人の男性たちは
子孫を残すことが できないだけでなく
次々とあらぬ罪で連行され 投獄され、拷問を受け、殺害され、民族根絶やしの 犠牲となっている

また中国政府は 新疆ウイグル自治区に設けた収容キャンプに 100万人ものウイグル人を送ったという

3ui

ウイグルの女性たちには ウイグルの男性との間に授かった赤ちゃんの 「 計画生育 」の名目で
少なく見積もって 850万件もの 強制中絶が行われたという



中国の臓器移植産業の 隠れた大量虐殺

中国での臓器移植は 年間6~10万件 行われているという
何の罪もない 法輪功の学習者たちから
ウイグル人やチベット人 中国家庭教会の人々からも 臓器が摘出されているという
たとえ臓器移植の件数が 年間5万件だったとしても 1日に165人が 殺されていることになる

中国では1999年以降 臓器移植産業が 急激に成長した
中国共産党による 法輪功弾圧が強化された時期と 一致している

1999年 法輪功学習者1万人が政府に対して 無言の抗議行動を行った
これに脅威を感じた中国共産党は 2000年以降 彼らに対する弾圧を強化する
中国全域で 多くの法輪功学習者が拘束され 強制収容所に入れられたのだ

中国当局は 急増する臓器の需要に応えるために "無実の囚人"たちを殺し 臓器を摘出していった
もちろん 本人の同意はなくである
人がいつ死ぬのかは分からないはずだから 事前に臓器移植の計画を立てることは できないはず
しかし中国では 1~2週間で臓器移植が できることになる

その理由は 収容所の囚人に死を宣言したその日に 臓器を取れるから・・・
これまでに少なくとも 66人の日本人も 中国で移植を受けたようだ

*法輪功(ファールンゴン、ほうりんこう)は
中国の伝統的な健康法である気功を
李洪志が 1990年ごろに 仏教や道教の教えを取り入れ 独自に系統化した気功法 及びその団体である
宗教的な側面も 持ち合せている



アメリカでは 孔子学院が次々と 閉鎖させられた!!!

日本の孔子学院
***産経新聞より転載***

アメリカでは 「孔子学院は 中国共産党の宣伝機関」と 批判が高まっているにも かかわらず
日本にある孔子学院については 文科省か?外務省か?・・・管轄はなく
日本政府としては 監督できていない!!!



日本政府は 移民法を成立させ 中国から 移民を入れると言っている・・・